マ・シロプラス フェイストリートメントの効果とメリット、デメリット

マ・シロプラス フェイストリートメント 効果

TBSテレビ通販で話題のマ・シロプラス フェイストリートメントは洗顔なのに、トリートメントパックができると話題ですね。

顔に塗ってわずか30秒でOK!くるくるマッサージしながら落とすと毛穴の汚れもすっきり取れてつるつる肌になれると評判です。

私も最近、肌のトーンが黒ずんでくるのを感じており、毛穴に詰まったポツポツよごれも気になっていました。

ピーリング剤の入った洗顔を使っていてもイマイチ綺麗にならないし、肌がガサガサして合わないような気がします。

何か方法はないかと思っていた時にTV通販でマ・シロプラス フェイストリートメントを知りました。

マ・シロプラス フェイストリートメントの効果やメリット、デメリットを調べてみたので紹介します。

マ・シロプラス フェイストリートメントの効果とその理由

【期待できる効果】
・毛穴の黒ずみが取れる
・肌のトーンが明るくなる
・肌がつるつるになる

以上の効果があることが分かりました。
その理由はマ・シロプラス フェイストリートメントの成分にあるようです。

麦飯石が汚れを吸着する


麦飯石(ばくはんせき)は、日本国内では、岐阜県白川町でしか採れない貴重な石中で、国では古くから漢方の材料としても使われています。

麦飯石の効果はミネラルが豊富なので水を浄化したり、麦飯石を混ぜた土から収穫する野菜はとても美味しくなり、花や植物は元気に育ちます。

また、イオン反応に優れており、酸性やアルカリ性を中性に戻す力があります。

洗顔料に配合するためパウダー状にした麦飯石は肌の汚れを吸着する効果があります。

マ・シロプラス フェイストリートメントに配合した麦飯石は毛穴に入るほど細かく粉砕してあるので毛穴の汚れをしっかり吸着し、へばりついた古い角質を取るごしごし擦ることなく落とすことができます。

さらに天然鉱石なのでピーリングなど薬剤と違って肌にやさしいです。
今までのマ・シロプラスは従来品のマ・シロより麦飯石の配合量を2倍に増量してあります。

酵素配合

さらに酵素を配合した洗顔パウダーがタンパク質と脂肪を分解する力があり、ワントーン明るい肌へ導きます。

18種類の美容成分を配合

プラセンタエキスやアロエベラエキスなど3つの植物エキスやセラミドなど18種類の美容成分を配合で潤いある肌へキープします。

その為、マ・シロプラス フェイストリートメントひとつで、洗顔、パック、角質ケア、毛穴ケア、黒ずみケア、潤いケアができます。

マ・シロプラス フェイストリートメント 効果

マ・シロプラス フェイストリートメントのメリット

敏感肌でも使える
天然鉱石が原料なので肌に優しい成分で、ピーリングが使えないなど肌の弱い人も使えます。

毎日の洗顔に使える
ピーリングは週に2回など回数が限られていますが、マ・シロプラス フェイストリートメントは毎日朝、晩の洗顔に使えます。
その分肌の変化が感じられます。

時短でパックやトリートメントもできる
顔へ伸ばして30秒後にはやさしくマッサージしながら流すだけで肌のトリートメント効果があります。

【口コミ】
・今までの洗顔料では得られなかったすっきり感ともちもち感が得られました。
毛穴汚れもすっきりしたせいか時々起こっていた肌荒れも各段に減りました。
手間もかからず、肌がきれいになりなくなったらリピしたいです。

・TV通販番組をみて気になり半信半疑で購入しましたが、使ってすぐに効果を実感しました。
小鼻のざらつきも少しづつなくなり、美白を目指して続けたいです。

・使って3日ほどで肌のキメが細やかになったのを感じました。
泡立ちもとてもよく肌で悩んでいる人にはおすすめしたいです。

・これを使った後の肌がしっとりしてすべすべ感が半端なく良いです。
顔色も明るく見えるようになり毎回の洗顔がとても楽しくなっています。

>>口コミの続きはこちら(楽天)

マ・シロプラス フェイストリートメントのデメリット

●クレンジングが必要
マ・シロプラス フェイストリートメントは洗顔+パック、トリートメントができますが、化粧は手持ちのクレンジングで落とす必要があります。

●化粧水や美容液が必要
これ1本で美容成分配合で潤いがありますが、やはり化粧水や美容液などは使う必要があります。
特に乾燥肌の人は利用したほうが効果を実感しやすいです。

まとめ

洗顔なのに水で溶いて顔全体に伸ばしてパックし、その後洗い流すという手順は戸惑いそうです。

しかし、使った人の口コミが実に良いんです。

楽天の口コミ以外でもアットコスメの口コミも高評価でしたから、これなら肌の弱い人でも安心してつかえそうです。

また、使い方のコツとしてはくれぐれもゴシゴシと肌を擦らないことのようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする