服に付いたわきが臭を取る洗濯方法ならマグちゃんがおすすめ!その理由は

マグちゃん 効果

わきが臭が服に付くと普通の洗濯ではなかなか取れませんね。

汗をかく夏は一回着るごとに漂白剤へつけ置きしてわきが臭を取る作業は時間がかかるし、わきがではない家族の洗濯物と別々に洗濯する手間も必要です。

それに、漂白剤や水道料金などの出費もかさみます。

そんなわきが臭の悩みを解消するのにマグちゃんをおすすめします。

マグちゃんをおすすめする理由と実際に使った人の口コミや効果的な使い方を紹介します。

服に付いたわきが臭を取る洗濯方法にマグちゃんがおすすめの理由

マグちゃんの成分

マグちゃんの成分は粒状に加工した高純度99.95%のマグネシウムです。
マグネシウムは水に浸すと化学反応を起こして弱アルカリ性の水になります。

ワキガ臭の原因になる汗や皮脂などは酸性の汚れで、弱アルカリ性の酵素系漂白剤が効果的です。
酵素系漂白剤を使わなくてもマグちゃんがその役目を果たします。
さらに臭いの分解率は市販の洗剤よりも強力という試験結果もあります。

臭いの原因になる菌の繁殖を防ぐ

服に染み付いたわきが臭は汗と分泌物がまざったものみ雑菌が繁殖したのが原因です。
マグちゃんの原料のマグネシウムは臭いの原因の菌の繁殖を防ぐ効果もあります。

繰り返し使える

マグちゃんの定価は1個2,000円ほどです。
>>最安値を見る(楽天)

漂白剤のほうが安い感じがしますが、マグちゃんは1年間繰り返して使えるのです。

1日1回洗濯をするとした場合、1日あたり6円ほどと漂白剤を買い続けるよりコスパが良いです。

投入する洗剤の量が少なく済む

マグちゃんを洗濯に使うと洗浄力がUPするので洗剤の量を半分ほどに減らして使えます。
洗剤は環境に悪いですが、マグちゃんは地球にも肌にもやさしい弱アルカリ水です。

洗濯層や排水ホースの汚れも落とす

洗濯機は使い続けると茶色いカスが洗濯物に付着したり、内部にカビが発生することもあります。
その為定期的に浴槽のクリーニングは欠かせませんね。

マグちゃんは洗濯時に使うだけで洗濯層の汚れを落とや排水ホースのぬめりや汚れも落とせるので洗濯層のクリーニングする手間が省けます。

マグちゃんの口コミ

実際にマグちゃんを使った人の口コミもチェックしてみました。

・わきがの旦那の服が臭いが消えて、ストレス軽減しました。
 またリピしたいです。

・父親の下着の脇と靴下は手洗いをして洗濯機で洗っていました。
手洗いせずにマグちゃんを入れて洗濯した後に臭いをかいてみると靴下は全く臭いません。
ワキガ臭は若干残っていましたが、2回目の洗濯で全く臭わなくなりました。

・息子の作業着の汗臭い臭いがなかなか取れませんでしたが、1回の洗濯で臭いが消えました。

・諦めていたインナーノースリーブの脇についた汗臭もキレイさっぱり取れていました。
子供の食べこぼしのシミもきれいに落ちており洗浄力も申し分なく買ってよかったです。

・しみついた体臭が2回ほどの洗濯ですっかり臭いが取れていました。

・タオルケットやシーツについた汗臭さや旦那の体臭も消えており、手拭き用タオルに染み付いた生臭さも取れています。

>>レビューの続きを見る(楽天)

このように皆さん、洗濯にマグちゃんを使って臭いの悩みが解消でき満足されているようです。

マグちゃんを効果的に使うには

●長い間染み付いた臭いには、マグちゃんと水を入れたバケツでつけ置きした後に洗濯機を回すと効果的です。

また、色落ちなどの心配もないので柄ものなども気にせずに使えます。

●柔軟剤も利用できます。
消臭効果があるので柔軟剤の香りも除去しそうですが、香りは残ります。

まとめ

マグちゃんを販売している会社はマグネシウムを加工して車の部品を作る工場で、社員がマグネシウムのクズを集めて水に浸した液で手を洗ったら洗剤では取れない汚れも良く落ちたということがきっかけで商品開発をされたそうです。

マグちゃんはちょっとした汚れなら洗剤なしでも汚れや臭い、殺菌効果もあります。

私もTV放送を見て楽天で最安値で購入しました。
本当に臭いや汚れ、タオルのカビまで取れておまけに環境にやさしいので気に入っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする