ヤーマン キャビスパ360で背中の贅肉ケアが自分で簡単に解消できる理由とは

キャビスパ360 背中 贅肉

気になる背中の贅肉を落とすのにマッサージしたくても自分では手が届かないですよね。

筋トレやストレッチは苦手で毎日続けられないし、エステに行く以外に方法がないと諦めていませんか?

ヤーマンのキャビスパ360 は背中の贅肉ケアが自分でできる家庭用美容器です。

キャビスパ360は美容器の専門メーカーヤーマンが4月1日に販売を開始した日本製の美容器です。

キャビスパ360が、背中の贅肉の解消が自分で簡単にできる理由を紹介します。

キャビスパ360が背中の贅肉解消におすすめの理由

背中の贅肉へ届くスティック型の形状

キャビスパ360 背中 贅肉
写真引用:キャビスパ360(楽天)

キャビスパ360は今までの家庭用美容器にないスティック型のデザインです。
その為手が届かなかった背中の贅肉にダイレクトにアプローチができます。

さらに、人間工学から開発されたカーブ電極が人の体の線にぴったり沿う形状で作られています。

超音波と2種類のEMSを搭載

キャビスパ360は超音波キャビテーションと、筋肉にアプローチする低周波&高周波の2種類のEMSを搭載しています。

超音波キャビテーションはエステサロンで使われる330kHzを採用し効率よく振動させて脂肪を体外へ排出するように働きかけます。

さらに、エステティシャンが行う贅肉を押し流すような手技を再現しながらキャビテーションとEMSを同時に行えるので短時間でのケアで良いので自分でやっても手が疲れません。

背中への使い方も簡単

キャビスパ360は360度どんな角度からでも背中の贅肉をとらえて使うことができます。

キャビスパ360 背中 贅肉
写真引用:キャビスパ360(楽天)

肩甲骨の内側の贅肉には電極部分を押し当て数秒キープするだけで押し流しケアができます。
また、背中から腰の贅肉や、背中から脇までの贅肉には上から下、下から上と繰り返して移動させることでアプローチができます。

2種類のモード

2種類のモード搭載されており、トントンと筋肉をたたくような刺激(エクサモード)や筋肉をぎゅっと揉みだす刺激(セルケアモード)で、部位に合ったモードでケアができます。

また、手に力を入れて贅肉を押し上げなくても、キャビスパ360を移動させるだけでケアができるので簡単です。

防水仕様でお風呂でも使える

防水仕様なので、シャワータイムや浴槽につかりながらでも使えるので続けやすいです。

軽量で腕が疲れない

本体の重さは約280gと軽量で、全身をケアしても腕が疲れることもありません。

好きな時間にできる

エステやジムへ通うには時間が制限されますが、キャビスパ360なら自分の好きな時間に使えます。

コードレスで携帯できる

コードレスで充電式です。(本体にACアダプターと置台付)

充電3時間で約2時間の使用が可能です。

軽量でコンパクトな大きさなので旅行などにも携帯しやすいです。

キャビスパ360は顔専用のモードもある

キャビスパ360は背中以外に二の腕や太もも、ヒップやお腹など全身に使えます。

さらにおすすめ点は顔専用のフェイスモードも搭載されている点です。

写真引用:キャビスパ360(楽天)

表情筋のエクササイズができるので、フェイスラインの引き締めや、口角の引き上げの他、頬から首にかけてリンパを流したりデコルテのケアもできます。

本当に全身使えるのが良いです。

まとめ

キャビスパ360の今までになかった持ちやすいスティック状のデザインが新鮮ですね。
背中の贅肉まで届くというのがなんといっても魅力です。

背中は自分では見えないですが、人からは良く見える場所です。
ブラジャーをつけて段になっていた背中の贅肉も自分でケアできるのは画期的です。

また、力を入れなくても良いし、労力もいらないので何をやっても三日坊主だった人も続けられそうですね。

関連記事:キャビスパRFコアは顔痩せに効果あるって本当?口コミや使い方のコツを徹底調査

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする