ヤーマン メディリフトの効果は本当か?使い方のコツや最安値もチェックしてみた

ヤーマン メディリフト 効果

たるみは、顔全体の印象を変える重要なポイントだけに、口回りや頬のたるみは見た目にも老けて見えます。

顎のラインもぼやけるし、顔が一回り大きくなったようで鏡を見るのもいやになりますね。

緩んだ表情筋を鍛えてフェイスラインを引き締めるグッズもいろいろありますが、テレビや雑誌で今話題になっているのがヤーマン メディリフトです。

日本初の表情筋のトレーニングマスクです。

楽天のランキングでも1位受賞
さらには売り切れ続出で入荷待ちの販売店もあるようです。

ヤーマン メディリフト効果

リフトアップ美顔器も数多く販売されていますが、ヤーマンのメディリフトにはどんな効果あるのでしょうか?
また使った人の反応も気になったので効果や口コミやと使い方などを調べてみました。

表情筋は顔にある30種類以上の筋肉の総称で、個々に名称がついておりそれぞれに役割もあります。

その中で頬のたるみを左右する筋肉には大小頬骨筋と咬筋があります。
しかし、これらをすべて鍛えたら良いということではないようです。

リフトアップに鍛えて良い表情筋

大頬骨筋(だいきょうこつきん)
口角を上側面に引き上げる働きをする筋肉です。

小頬骨筋(しょうきょうこつきん)
上唇を上後方へ引き上げる働きをする筋肉です。

この2つの筋肉が衰えると、頬のたるみやほうれい線、マリオネットラインができる原因になります。

また、反対に使いすぎると逆効果でシャープフェイスラインや小顔もほど遠くなる筋肉もあります。
咬筋(こうきん)
食べ物を噛むときや歯を食いしばったりする時に使う筋肉です。
強い力がかかる部分だけに、使えば使うほど発達し強固になり、顔の外側へ引っ張られてエラ張り顔になりやすいです。
その為、固くなった咬筋はほぐして整え、めぐりを良くしてあげるケアが必要です。

つまり表情筋のすべてを鍛えて良いわけではなく、休ませる筋肉もあるということなんです。

ヤーマンのメディリフトは大小頬骨筋のエクササイズと咬筋のほぐしの2つを独自のEMSで部位ごとに適切な波動で出力するので、リフトアップ効果により期待で持てます。

それでは実際に使った人にメディリフトの効果があったのか調べてみました。

メディリフトの口コミ

数回使っただけで顔のたるみが軽減されシュッとしてきました。
装着するだけと簡単なので三日坊主にならず続けられます。

顔の筋肉が刺激されるせいか気になっていたクマが以前より薄く改善されました。
ほうれい線も目立たなくなりました。
TVをみたりエクササイズをしている時に使っています。

たった1回使っただけで、はっきりわかるほどシュッとした顔になれました。
朝起きたら元に戻っていましたが、あらゆる動きで顔がほぐされているようです。
ほうれい線も薄くなるよう根気よく毎日続けていきますす。

今まで使っていたEMS美顔器より深くまで効いている感じがします。
数回の使用でフェイスラインがシャープになった気がします。

顔のたるみが気になって表情筋を鍛える為に購入しました。
たった一回使っただけで頬からあごのラインがシャープになっているのが実感できした。
マスクの装着も簡単なので毎日続けるのも億劫ではないです。

装着も楽で寝転んで使っています。
使い始めて3週間立ちますが、友人に目が大きくなったと言われます。
顎関節症があるのが最近は調子よくて驚いています。

このようにメディリフトでリフトアップの効果を実感している人が多くいました。

ヤーマン メディリフトの特徴

ながらケアができる
1回が10分間のケアタイムです。
日本初のマスク型EMSを装着したら両手が空くので家事やテレビやスマホを見たりとながら美顔ができます。
ローラーをコロコロしたり、咥えて上下に動かしたりなどのストレッチ運動も不要です。
寝た状態でも使えます♪

選べるモード
顔の下半分のマスクを装着したら真ん中にあるボタンを長押ししてスイッチオン
さらに3種類のモードと強さは6段階が選べます。

・オートモード
鍛えたい筋肉(トレーニングEMS)と休ませたい筋肉(リリースEMS)へ同時にアプローチ

・ストレッチモード
休ませたい筋肉へ週ちゅうアプローチ
(リリースEMS)

・アップモード
鍛えたい筋肉へ集中アプローチ
(トレーニングEMS

左右の強さが選べる
人夫々、顔のたるみや緩みは個人差があり左右対称ではありません。
左右で強さを変えることができるので自分に合った強さやモードが選べます。

清潔に使える
シリコン製のマスクはコントローラーの取り外しができ水洗いができいつでも清潔に使えます。

充電式で電池不要
1時間半の充電で約1か月使用ができ、頻繁に充電する手間もかかりません。
付属のACアダプターでコンセントでもUSBでも充電ができます。
旅行にも便利に携帯できます。

メディリフトの使い方

初めて使う場合には説明書があるので使い方も判りやすいです。

必ず化粧水やゲルを顔全体に付けた後で使用します。
理由は水分を介して電気を通すので、水分がなければ筋肉にアプローチできません。
また故障の原因にもなりかねません。

しっかりと肌へ密着するようにシリコンマスクを装着して、ボタンを長押ししてスイッチをオンにします。
後はモードや強さを選び、10分間はTVやスマホを見たりと時間を有意義に過ごせます。

使用頻度は?

EMS美顔器は週に2~3回といわれています。
筋肉を刺激しすぎるとかえってよくないという理由からです。

しかし、メディリフトの場合は刺激擦るだけでなく休ませるリリースモードもあり、公式サイトでも毎日の使用はNGとは書かれてないです。
反対に水洗いできるマスクで毎日のお手入れも簡単と書かれています。
しかし、時間は1日10分を限度として使用されると良いでしょう。

故障時の対応は?

1年間の保証付き(コントローラー)ですので領収書や保証書は大事に保管されておいてくださいね。

ヤーマン メディリフトを最安値の販売店をチェック

メディリフトを購入するならできるだけ安く購入したいものですよね。

しかし、オークションやメルカリなどでも出品されていることもありますが、正規購入ではないので保証対象にはなりません。

楽天やアマゾン、ヤフーなどの正規販売店での最安値をチェックしてみました。

●公式サイト:;25,000円(税込価格27,000円)

●楽天::27,000円(税込) 
ポイント企画があり今日(10/9)現在ポイント28倍

>>【ヤーマン公式】メディリフト ウェアラブル美顔器を楽天で見る

●アマゾン:27,000円(税込)
>>ヤーマン メディリフトをアマゾンで見る</a>

●ヤフー ショッピング:27,000円(税込)
ポイント3倍(10/9現在)
>>
ヤーマン メディリフトをヤフーショッピングで見る

このような結果です、金額に代わりはありませんが、ポイント企画などを狙って購入することで最安値でお得に変えるようです。
ぜひ、チェックをして良いタイミングで買ってくださいね。

まとめ

筆者も年齢からくる表情筋の衰えで頬のたるみが気になっています。
シャープなあごのラインが自慢だったのがいまは四角い顔になり老けて見えるのが一番の悩みです。

そうかと言ってそれなりに努力はしました。
表情筋トレーニングのパオやコロコロローラーのリファカラット、IONとEMSとRFが一緒になったエステナード リフティなどいろいろ購入しました。

しかし、たるみを改善したいという気持ちがあっても、根っからの飽き性とめんどくさいというのがありいまでは本箱の隅に置かれたままです。

たるみ解消の最終手段としてエステサロンでのケアや美容整形は費用が高額すぎて手が届きません。

そんな時、日本初のリフトケアマスク、メディリフトが発売になり楽天でもランキング1位、売り切れ続出ということで気になって調べてみました。

効果があった人も多いし、顔へつけるだけととっても簡単なのも続けられそうです。
一つ気になった点が顔への装着が隙間ができる人もいる、ベルトが軟弱という点です。
最安値で購入する前に量販店などへ行って実物を見てから納得した上で購入するのがベストかなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする