ディープエクサ18 高周波EMSの利点と欠点や販売店を調査

ディープエクサ18

ディープエクサ18はTBSのTVショッピングで紹介されて大人気のようですね。

小顔とスッキリボディが目指せるEMS美容機器で、1回たった10分でOK。

忙しい主婦やOLさんには時短でエクササイズできるうれしいEMSダイエット器具です。

ディープエクサ18は女性の美容グッズを色々とプロデュースしているタレントのヒロミさん考案というのも好感が持てますね。

さらには楽天 EMSランキングで1位受賞(2018年8月12日現在)
>>ダイエット器具>EMSランキングTOP30(楽天)

あのロナウドCMのシックスパッド他、有名メーカーのEMS腹筋トレーニングEMSを抜く人気です。

ディープエクサ18の評判が気になったのですが、口コミを調べましたがまだ1件もありません。
新商品のようなので、利点と欠点を調べてみました。

ディープエクサ18の利点

EMS機器は筋肉へ電気刺激を与えて運動させ、ホッソリを目指す器具です。

EMSの周波数には、低周波、中周波、高周波の3種類あり、その違いは皮膚のどの部分まで電気振動が届くかということです。

低周波
1~1000Hz 皮膚の下、数ミリのところで振動が分散され、残りが筋肉へと届きます。

中周波
1000Hz-2000Hz 皮膚の下3、4㎝ほどまで電気振動が届き筋肉に刺激を与えます。

高周波
3000Hz~50000Hz
皮膚の下10~15㎝まで届くので筋肉に働く力が大きく、鍛えにくいインナーマッスルまで刺激されその効果は大きく、続けることで期待も大きいです。

EMS機器は市販品でも多くありますが、そのほとんどは低周波の機器ですが、ディープエクサ18は高周波のEMSなのです。

さらには、低周波と高周波を合わせた機能でアウターマッスル、とインナーマッスルの同時に働きかけるので運動効果もアップする仕様になっています。

さらに顔の表情筋エクササイズもできる顔用のグローブ付というのもうれしいですね。

顔用のEMSはありますが、ボディ用としては使えるタイプは希少です♪

顔やウエスト、二の腕、太ももなど全身に使えるのがディープエクサ18の利点です。

●価格がお手頃

高周波EMSはエステサロンや整骨院など業務用として使われており価格も高額です。

私は楽トレという高周波EMSを治療院で使ったことがあります。

楽トレの売り文句も皮膚の下15㎝まで届く、インナーマッスルとアウターマッスルの同時に働きかけるということです。

30回のチケット一括販売で価格は75,600円でした~
1回に換算したら2,520円です(施術時間30分)
結果はというと、30回では無理なので続けないとと言われました~
お金が続かないのでやめました–;

その点ディープエクサ18の定価は49,800円です。

楽トレ19回分で元が取れるし半永久的に使い続けることができます。
(ディープエクサ18の販売がもうちょっと早ければと後悔しています。)

さらにディープエクサ18は激安のキャンペーン価格で販売されることもあります♪

ディープエクサ18の今現在の価格をチェック↓
>>ディープエクサ18 / 送料無料 ヒロミ EMS 腹筋 パッド ぽっこりお腹 顔 高周波 【TBSショッピング】楽天

自宅でできるので夜中でもいつでも空いた時間に使えますね

ディープエクサ18の欠点

EMS機器はジェルパッドを体に貼って通電させます。

そのパッドは低周波EMSでも高周波EMSでも消耗品です。

目安として1日1回使用で30回、約1か月で交換が必要です。

その交換代金が発生するのが唯一の欠点といえそうです。

4枚セットで1,980円です。

まあ、ジムへ通うとなればそれなりのトレーニングウエアもいるし、毎月の月謝もいります。
そして汗を流して疲労もあるわりにはインナーマッスルには届いてないものです。(ジムでトレーナーに言われました)

家にいながら高周波EMSでテレビを見ながら筋肉運動ができると思えばパッド代の多少の出費は良しとしたいところですが。。

ディープエクサ18 販売店

ディープエクサ18はいまのところTBSショッピングの公式サイト、または楽天のTBS店で購入できます。

価格はどちらも同じです。

●ディープエクサ18の特徴
・最大周波数180,000HZ
 たった10分で約694回分の腹筋運動量
・保証期間1年
・取り扱い説明書付き
・重量145g
・充電式

まとめ

高周波EMSを使った後は暫くの間は、お腹の内側がドクドクと運動をしているよな感覚があります。
それだけインナーマッスルを刺激されているのがわかります。

高周波EMSは筋肉への刺激が強い分おすすめです。
しかも顔用のグローブもあるだけに欲しいアイテムですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする