けんきの滴はアトピーに効果があるか口コミ評判を調査してみた

けんきの滴 アトピー

けんきの滴、木竹酢液が話題ですね。

茶色の木酢液が多い中、けんきの滴は無色透明です。

その理由は原料の楢の木と竹を焼いて煙を液化し、そこから不純物をすべて取り除いてある蒸留木竹酢液だからです。

純正だけに安心して使えますね。
さらに、天然有機成分が200種類以上も含まれています。

楽天のランキングで1位受賞(2018年7月5日現在)
check→→>>リラックス・マッサージ用品 デイリーランキングTOP30(楽天)

けんきの滴 アトピー

木酢液は炎症やかゆみを止める働きがあることが知られています。

けんきの滴は水いぼの改善には効果があると評判ですが、アトピーには効果はあるのでしょうか?

気になったので調べてみました。

けんきの滴の口コミ

肌が弱くアトピーの娘に使ったらかぶれてしまいました

子供のアトピーや水いぼに効果はありません
期待していただけに残念でした。
しかし、自分の手荒れには良く効きサラサラになりましたが、これならハンドクリームでも良い気がします。

アトピーがある息子にお風呂に混ぜて使いましたが肌に刺激なく入浴できました。
1か月ほど使った効果は夏なのに汗もがでなかくアトピーに効果を感じました

娘の水いぼの治療にお風呂にいれたり薄めてスプレーしたりで落ち着いてきました。
しかし、姉のアトピーには合わないようなのでお風呂にいれるのは避けたいです。

水いぼがある長男用として購入しました。
悪くなることはないですが、すぐには治らないようです。
しかし、一緒にお風呂に入っている三男の軽いアトピーが一気に改善され綺麗になりました。

姉妹でアトピーと水いぼがあるのでこちらを購入しました。
お風呂に入れて入った後は肌の調子が良く、水いぼも増えなくなったようです。
しかし、香りが臭いので慣れるまで子供が嫌がりました。

アトピーと水いぼがある子供にかかせません
毎日お風呂に入れて使っており4回目のリピート購入です。

半年前から子供の水いぼが増え、医者には自然に消えるといわれましたがどんどん広がりこちらを購入しました。
こちらを使う前はアトピーが赤くなったり強いかゆみでステロイドを使わないと無理だったのが、今は綺麗になっています。
使い方は同梱でプリントがあり分かりやすく、なくなったらリピします。

アトピー体質の娘に水いぼが大量に発生しました。
皮膚科のむしり取る痛いやり方に限界を感じたのでこちらを購入しました。
数日で赤みがなくなりでき掛けのものも2週間ほどで引きました。
大きくなった水いぼは根気よく原液を塗って2週間ほどでポロッと取れます。
時間がかかりますが、皮膚科よりこちらのほうが痛みもないので続けようと思います。

このようにアトピーに効果がなかった人、効果を実感できた人など様々な口コミがありました。
木竹酢液は自然のものだけに合う合わないもあるようです。

しかし、アトピーに効果があったという人の口コミのほうが数が多かったのは事実です。

けんきの滴の総合では口コミ件数は306件中 ★5個中4.0と高評価されています。((2018/07/05現在)

けんきの滴の使い方

お風呂に入れる
キャップ3倍をお湯に混ぜます。
お風呂に入れることで水道水の塩素を消し、水の分子を細かくするので肌に刺激の少ないお湯にします。
但しデメリットとして臭いが(スモーク)が苦手な人もいるようですが、臭いが体や髪に染み付くことはありません。

残り湯は洗濯や庭木の水として利用できます。
服についた汗の臭いなどを抑えるのに役立ちます。

患部へ直接塗る
綿棒を使って直接塗布します。
※最初は患部以外のところで試してみるのが良いです。

または、薄めた液をコットンにたっぷり含ませて患部へ充てる方法もあります。

消臭効果
体だけでなく生ごみやトイレのいやなにおい、下駄箱の消臭にも利用できます。
けんきの滴を50~100倍の濃度に薄めてスプレー容器にいれておくと便利です。
またこのスプレーは家庭菜園の土に吹きかけると微生物を増やし土壌の改良ができます。

その他の使い方は同梱で説明書をもらるので参考にできます。

けんきの滴は天然の素材だけに体や環境に悪い影響がない為、安心して使える反面他の竹酢液と比べて価格が高いのが気になります。

けんきの滴の以外の木酢液はこちらにも多数あります。
     ↓↓↓
>>木酢液の一覧を楽天で見る

あとがき

木酢液と竹酢液は原料の違いというのは判りますが、木に比べて竹は中が空洞なため取れる液の量が少なく、その分為高額になるようです。

どちらも成分は同じですが、配合量に多い、少ないがあります。

けんきの滴は木酢液と竹酢液を混ぜることでそれらを補ってより効果的に使えるようです。

また使用に期限がないのも使いやすいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする