カサカサの手荒れを改善するハンドクリームの選び方や成分、市販品を紹介

手荒れ ハンドクリーム 選び方

水を使うことが多い主婦は手荒れに悩まされることが多いですね。

手荒れが酷くなるとひび割れ、あかぎれで痛いし、完治するのに時間もかかり、その期間は相当苦労します。

今朝のTV番組 スッキリで、手荒れを改善するハンドクリームの選び方を紹介するコーナーがありました。

番組内に登場した薬剤師さんのお話では、手荒れの症状に合う成分のハンドクリームを使うことが大事ということです。

なるほどと思ったのでこちらで共有したいと思います。

手荒れの症状別 ハンドクリームの選び方と成分

手荒れは大きく分けると3つの症状があります。

カサカサ系(初期症状)→ゴワゴワ系(中間)→炎症系(重症)

症状に応じた成分が配合されたハンドクリームを選ぶことが大切です。

症状に合ってないものを選ぶとつけても治らない、悪化したという結果につながるということです。

症状ごとのハンドクリームの成分や市販品を紹介します。

カサカサした手荒れにおすすめの成分と市販ハンドクリーム

手荒れの初期症状です。
効果的な成分:ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質は、優れた保湿力と乾燥による炎症や肌荒れによる皮膚トラブルを治療してなめらかな肌へと導きます。

人体に存在するセラミドなどに非常に近い成分なので細胞の周りにも水分をしっかりと貯め込み為保湿力が優れています。

保湿することfでバリア機能を改善します。

また血行促進作用で壊れた皮膚の再生を促進し、抗炎症作用もあります。

●小林製薬 SAIKI さいきc 治療クリーム

・第2類医薬品

【有効成分】
ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸二カリウム、アラントイン、ガンマ-オリザノール

皮膚の深層から修復して保水力をサポートし肌荒れや皮むけ、カサカサを改善します。

●HPクリーム 60g

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】HPクリーム 60g
価格:1865円(税込、送料別) (2018/2/28時点)

・第2類医薬品
【有効成分】ヘパリン類似物質

べたつかない滑らかな使い心地のクリームです。
無着色、無香料
低刺激、ステロイド無配合で赤ちゃんでもつかえます。
手指のカサカサ以外にも肘の内側、膝の裏、首などへ使えます。

ゴワゴワした手荒れにおすすめの成分と市販ハンドクリーム

指先がごわごわして角質が硬くなっている人には尿素配合のハンドクリームが良いです。

尿素は角質を柔らかく、つるつるにする効果があります。

しかし、ゴワゴワが改善されたのに使い続けるのはよくありません
角質が解けて健康な状態に戻った皮膚まで溶けて薄くなりせっかく治った手荒れが悪化することもあります。

●資生堂 尿素10%クリーム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

資生堂 尿素10%クリーム 100g(医薬部外品)
価格:628円(税込、送料別) (2018/2/28時点)

・医薬部外品
尿素10%配合でかさつきの緩和
潤い成分にはヒアルロン酸、スクワランを配合
硬くなった皮膚を柔らかくします。

塗りやすく塗った後のべたつきもありません。

●メデッサ スキンプロテクトクリーム

・医薬部外品

無色素・無香料
業務用の保護クリーム
水やお湯をはじき、洗剤であらっても水をはじき手の保護をします。

レビュー評価が高く人気商品です。
水をよく使う職業の人にも好まれています。

炎症系の手荒れにおすすめの成分と市販ハンドクリーム

あかぎれ、ひび割れので炎症を起こしている場合には放置しておくと皮膚の亀裂が皮膚の下の血管まで広がりジュクジュクした黄色い汁がでたり出血することもあります。

雑菌の繁殖を防いだり、炎症を抑えることを優先したグリチルレチン酸、グリチルリチン酸ジカリウムなどの有効成分が配合されたハンドクリームがおすすめです。

●ユースキンA

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユースキンA 30gチューブ【指定医薬部外品】 メール便送料無料
価格:398円(税込、送料別) (2018/2/28時点)

ビタミンB2の黄色い色が特徴のクリームです。

・指定医薬部外品
有効成分:ビタミンE、グリチルレチン酸、dl-カンフル、グリセリンを配合
手に取るとスッとする有効成分dl-カンフルの匂いがしますが、香りはすぐに消えるので残ることもありません。

潤い成分にヒアルロン酸Na、ビタミンCを配合

ひび・あかぎれ・しもやけを治しうるおいのある健康な肌に導くクリームです。
主婦にかぎらず、あかぎれ、しもやけなどの改善に子供から高齢者まで使えます。

●メンターム 薬用APクリームN

・医薬部外品
敏感肌の人にも使える薬用ハンドクリームです。

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、ヒノキチオール

肌荒れ、しもやけ・ひび・あかぎれを防ぎ、肌を整える。
配合のヒアルロン酸、スクワランやホホバオイル等が皮膚にうるおいを与えて保護し、乾燥を防ぎます。

このように手荒れの症状によって使いわけることで治りも早くなります。

しかし、これらの成分は医薬品としての成分が入っているものも多いです。
商品ページや外箱の使用上の注意をよく読んで使うことも大事です。

手荒れの原因を作らない対策

手荒れをする前に事前に予防をしておけば悩んだり、つらい症状になることもありませんね。

すぐに実行できる3点紹介します。

●こまめにクリームを塗る
水を使った後は水分をよくふき取ってまめにハンドクリームを塗るようにしましょう。
特に冬場は空気が乾燥しているので指先が乾燥しやすいです。

また、水仕事をする前に塗るタイプのハンドクリームもあります。
そういったものを利用すれば水をはじいて手荒れもしにくくなります。

●ゴム手袋を着用する
手が直接水にふれないように水仕事をするときにはゴム手袋をする習慣にするとよいです。

●寝る前にハンドマサージをする

寝る前にハンドクリームを塗ってハンドマッサージをすることで指先まで血行を良くする効果があります。

でも力を入れて両手をすり合わせてマッサージをするのは逆効果です。
皮脂膜を傷めてしまい、せっかく塗ったクリームが手の保護にはなりません。

手の上を滑らせるような強さで行うとよいです。
塗った後は綿の手袋をして寝ると成分が浸透しやすく保湿効果も期待できます。

まとめ

ハンドクリームの種類は多くてどれがいいか迷ってしまいます。

しかし、手の症状によって効果的な成分があるということもわかりました。
まずは手荒れを治し、その後は香りなども楽しめるハンドクリームを塗りたいですね。

プロメディアル ハンドクリームの口コミ 手荒れ、血管浮き、爪強化まで叶う理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする