国盛の甘酒の口コミは?賞味期限や最安値も調べてみた

甘酒は飲む点滴といわれていて、美肌効果や疲労回復など健康にも良いと話題になっていますね。

美しいと評判の女優さんたちも飲んでいるということでますます興味がわいてきます。

国盛の甘酒は江戸時代創業の酒蔵が作った米麹を発酵させて製造しています。

国盛 甘酒 口コミ

>>国盛の甘酒(楽天)

米麹を使った甘酒はのノンアルコール、砂糖不使用でヘルシーで栄養が豊富です。

国盛の甘酒の味や飲んだ感想が気になったので購入した人の口コミや賞味期限や最安値を調べてみました。

国盛 甘酒 口コミ

美味しい

・砂糖も入ってない自然な甘みが美味しい

・甘ったるいこともなくさらっとして飲みやすい

・フルーティです。

・他メーカーの甘酒に比べて濃すぎず甘すぎず、一番美味しい

・今まで飲んで中で一番おいしい

飲みやすい

・味にくせがない

・麹やお米の粒がなく飲みやすい

・どろっとしていないのでのど越しが良い

いろいろな飲み方ができて味に飽きない

・ヨーグルトに混ぜて飲んでいます。

・牛乳や豆乳で割って飲むとおいしい

・寒い時は牛乳とショウガを加えて温めて飲むと体も温まる。

・コーヒーや濃い緑茶に混ぜて飲んでいます。

・豆乳で割ってレモンを絞ってヨーグルト風味でおいしい

・スムージーに混ぜて飲んでいます。

アルコールが入ってない

・授乳中でも健康のために飲めます。

・アルコールフリーで子供や高齢者も気軽に飲めます。

美容、健康に効果

・花粉症に効果があったので続けている

・食欲がない時朝ご飯の代わりの飲むと元気がでる

・1か月ほど続けたらシミが薄くなったように感じる

このように良い口コミが圧倒的に多かったです。

また、お手頃の価格が良い、500mlの容器で冷蔵庫に保存しやすい大きさが良いなどの口コミもありました。

>>国盛の甘酒 口コミレビューの続きを見る(楽天)

私も1本を買って飲んでみました。

国盛の甘酒を購入 賞味期限はいつまで?味は?

イオンの日本酒コーナーに立ち寄った時、たまたま見つけたのでそちらで購入しました。

会計の時にレジで、国盛の甘酒はアルコール分0ですが良いですか?と尋ねられました。

メーカーが日本酒の蔵元で日本酒コーナーへ置いてあったので確認してくれたみたいです。

国盛の甘酒は中埜酒造という愛知県の弘化元年創業の老舗日本酒メーカーが製造元です。

裏面にはカロリーや賞味期限の記載がありました。

国盛 甘酒 口コミ

●国盛の甘酒のカロリー
100gあたり95Kcal 

●賞味期限
2018年8月7日です。
購入したのが2月22日なので半年はありますね。
しかし、これは開封前の開封した場合には冷蔵庫に入れて早めに飲むことと書かれています。

1日100g飲んだとしても5日で消費するので問題はないようです。

国盛の甘酒の味の感想

見た目はさらっとしたタイプの飲むヨーグルトみたいです。

今まで甘酒といったらつぶつぶが口に残るタイプを飲んでいたのでちょっと物足りない気がします。
でも喉越しが良いのでいくらでも飲めそう。

以前に缶入りの甘酒を購入したことがありますが、味にくせがあって飲みづらかった記憶があります。
でも国盛の甘酒にはそういった味に癖もありません。

またこの甘酒はお米からできた自然派調味料として料理にも使えると、甘酒入りキーマカレーやホウレン草と豆腐の減塩味噌汁のレシピもついていました。

調理に隠し味として入れても健康に良いということですが、味が美味しいので私はこのままストレートで飲みたいです。

国盛の甘酒を最安値で買えるはどこ?

イオン価格:1本410円(税込)

ちょうど火曜市だったので5%OFFの389円で買えました。

しかし、重いです!
イオンでは国盛の甘酒以外にもいろいろと食材を購入していたので1本が限度かも。

楽天で最安値を調べてみました。

2ケース(1ケース12本)のまとめ買いで 9,030円 送料無料
1本あたり376円の最安値となります。

ネットなら重くても玄関先まで運んでもらえます。

さらに1日100mlづつ飲んでも4カ月で飲み切れます。
これなら賞味期限ないに消費できるし、お得です。

まとめ

国盛の甘酒は今まで飲んだなかで一番の飲みやすい味でした。

結局、1本を2日で飲んでしましました。

美味しいのでついつい飲みすぎますが、ジュースを飲むより発酵食品だから体に良いのではと思います。

またコップに残った数滴を手に移して手の甲のシミ対策に使っています。

添加物を含まない甘酒を美肌パックとして利用している人もいるようですよ。
飲むだけじゃなくいろいろに使えますね。

甘酒メーカー 楽天のおすすめは?人気の一覧や口コミをチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする